なんと・・・インフルエンザだった・・・orz

A 型だと。

昨日病院に行ったのだ。たしかにフツーの風邪にしちゃあ、なんか症状がキツイような気がしたし、3 日経ってるのに、体の表面がくすぐったいというかピリピリするっていうか、神経痛のような妙な具合だし、そもそも頭がヘンだ。いや、頭はもともとヘンだが、頭の皮膚を触ると頭蓋骨と脳の間くらいがピリッとする。前にも書いたかどうか、私は頭痛の経験がないので、こりゃ妙なウィルスが入って脳膜炎にでもなったのかと思いつつ、毎朝のように受験に向かう娘を横目に、少なくともただの風邪かインフルかぐらいは検査しといたほうがいいかな?と考え直し、医者に行ったのだ。

受け付けで若いネーチャンに微笑みかけられ、「今日はどうされました?」「いや、風邪引いたみたいで、今症状はたいしたことないんですが、まだどっかおかしくて、一応診てもらおうかな・・・と、ハイ」「いつからですか?」「土曜におかしくなって、土日は死んでましたね」「熱はどれくらいありましたか?」「いや、計ってないんでわからないです」「熱を計ってください」「今はたいしたことないです」「でも、計っていただけますか?」「これは咥えるんですか、刺すんですか?」「脇の下です」・・・それから診察室で医者とすったもんだあって、結局インフルエンザ A 型という結果が出て、クスリの件でまた医者とちょっとあって、薬局に行ってその場でヘンチクリンなケースに入った、映画『ツィゴイネルワイゼン』で原田芳雄が 3 人の門付けを追っかけながら食らってたトンプクのようなものを 2 ケースも吸引させられた。それで他人にうつす危険性はほぼなくなるらしい。

私はカミさんに嘘をつこうと思った。いや、ただの飲みすぎらしいぞ、腸からくる腸熱ってヤツだ、チエ熱とも言う・・・ その他、いろいろシミュレートしたが、どう考えてもバレるのであきらめて電話した。「ヨボセヨ?」「どうだった?」「やっぱインフルエンザだってよ。しかも A 型」「しかもって?」「最先端、最新流行」「そのままどこかへ行ってくれる?」「バカ言うな。オレは重病人だ」「帰ってくるなら家で息しないで」「死んでまうわ!」「死んで」

ともかく娘には伏せとくことでは一致して、彼女には受験に専念してもらおうと。

熱はすっかり下がったが、頭と肌のピリピリと腹具合がよくない。やっぱ弱点にダメージが残るね。オツムはもともと弱いし肌もツラの皮以外は軟弱だし腹も長年の酒毒でイカレてる。ウィルスもたいしたもんだわ。

てことで、初めてインフルエンザに罹ったわけだが、と書いて今、たった今、今までも罹っていたのだがわかってなかっただけなのかもしれないと気づいて愕然とした。でも、こんなピリピリはなかったぞ。っても症状が一貫するとも限らんしなあ。うーむ。まあ保留。

それにしても雪なのだ。雪は降りますよ、東京の 2 月は。私は生まれてこのかたずっと東京で生きてんだからよく知ってる。しても、なんなんだあの騒ぎは。だいたいこの何年か、天気のニュースは大げさすぎる。台風がくるときもそう。各ニュースで超大型の台風が日本列島を縦断するとかなんとか、過去の台風の映像を大げさに流したり、レポーターをあちこちに飛ばして、これ見よがしに強風に煽られまくって、アホかと。ハリウッド映画の予告編かと。一万歩譲って台風ならまだいい。今回のような雪でそれをやるかと。今朝だって局はどこか知らんが番組で東京のどこぞにレポーターを飛ばして実況中継させてる。レポーターは四苦八苦してるようなしかめっツラして、今みぞれのような雪がこんだけ降ってますぅとか言ってビニ傘にパラパラとかかる雪を見せてる。

それがどうした!と私は思わずテレビに毒づいたね。と同時に、よくテレビに向かってひとりで啖呵をきっていた亡くなった祖母がちらと脳裏をよぎり、あれ?私ももうジジイなのかしら?とも思ったが、あまりにもバカらしいのでテレビを消した。なんなんだあれは。これくらいの雪でなにを騒いでいるのだ。東北の人は怒っちゃうだろ。東北じゃなくても豪雪地帯はあちこちにある。そういった人たちはどう思うのだろう。東京はなんであんくらいの雪で大騒ぎしてんだあ?と不思議に思わないかね。「騒ぐんじゃねえ。みっともねえぞ」と花田秀次郎のように誰かドスをきかせてたしなめないもんかねえ、東京人で。

去年の暮れだったか、いつぞやもまた地震があったとき、NHK が津波に気をつけろと叫ぶのはいいが、これが世にも悲痛な雄叫びで、すぐにでも日本が沈没してしまうんじゃないかってなくらいの思い入れっぷりでドン引きしたことがある。そりゃ、わかる。東日本大震災があったから、それくらいあおらないといけないという考えもあるだろう。それはわかるが、実際に呼びかけるときのニュアンスというか、トーンというか、それはそれとしてあるだろう。微妙なものかもしれんが、私はあれはちょっと違うと思うぞ。まあ、地震ならまだいいが、戻ると、大雪くらいで普通の番組が予算使ってあんだけ取り上げるのは、いかに企画、ネタがないかをさらしてるようなもんだ。なんか舐めてんじゃないのかな、B 層とか言って。てめえたちの企画不足、アイデア不足を棚に上げて、B 層とやらのせいにして、だって視聴者が求めてるんだからしょうがないとかなんとか。不肖∞酒林∞としても、ここで吠えてるだけじゃなく、企画を持ち込んでやろうかなテレビ局に。インターネットTVをやってる知人とかと組んで。

話がずれる。とにかく、大雪情報は天気予報番組でやってください。それで十分です。どうせ取り上げるなら、世界で起きてる記録的な寒波、熱波の情報でもやってください。お隣りの韓国ですら 30 年ぶりくらいの寒波だ。

いけね。娘たちが帰ってきた。あ、ちなみに私インフルエンザだから会社に出れないのね。で、自宅なのです。なんか微妙に学級閉鎖で休みになってラッキー的にはしゃいでいる小学生のような気分なのだ。具合はイマイチだが。

 

4 thoughts on “流行通信”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    頭蓋骨と皮膚の間を触れただけで痛むのは、後頭神経痛というヤツかもしれません。
    これが頭の前側に発症すると顔面神経痛だそうです。
    私もこの病気を持ってますが、すごく疲れると発症するのでムリは厳禁ですよ。
    お大事になさってください。
    あ、それから、いつも楽しみに見ています。
    これからもずっと続けてください!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ななこ様
    コメントありがとうございます。
    そうですか。後頭神経痛ですか。
    たしかに神経痛っぽい感じです。なったことはないのですが。
    でも、頭全体もそうですが、もう手足を除いた、体の表面全体ですね。
    ウィルスのいたずらなんでしょうか。
    ウィルスが抜けてきた今は、おかげさまでなくなりました。
    でも、こういった症状が出るというのは、そのケがあるんでしょうね。
    飲みすぎて免疫力が落ちたりするとまた出る可能性もあるでしょう、インフルとは別に。
    でも私の場合、頭の前側という概念が当てはまるかどうか・・・。
    どこまでが顔なのかおでこなのか頭なのか・・・

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ∞酒林∞さん、こんばんは~ 
    インフルですか…
    頭痛と肌がピリピリというのは、もしかして帯状疱疹かなって思いましたが
    いずれにしても、免疫力が低下していますね。。受験生がおられるとのこと、
    状況お察しします。 
    前記事で、1月は長かったって書いてありましたが、同感です><;
    まだ三が日、まだ中旬?って主人に「どうかしてよ!」と文句タレてました^^;
    ちなみに、今月は普通に過ぎています(笑)
    早く、お元気になられますよう、くれぐれもご自愛下さい。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    spacelight様
    コメントありがとうございます。
    > 頭痛と肌がピリピリというのは、もしかして帯状疱疹かなって思いましたが
    > いずれにしても、免疫力が低下していますね。
    帯状疱疹か。それはありますね。いや、たぶんそれ系でしょう。昔、唇のまわりがそれっぽくなったこともあるし、とんでもなく免疫系がやられてたんですね、きっと。帯状疱疹、ヘルペスのウィルスはみんな持ってるというようなことを読んだことがあります。まあ、エイズにしろ風邪にしろ帯状疱疹にしろ、保菌はしてても、問題はいつ発症するか、ですからね。
    > ちなみに、今月は普通に過ぎています(笑)
    右に同じです(笑)。もう17日ですからね。立春が過ぎたので、新サイクルです。
    > 早く、お元気になられますよう、くれぐれもご自愛下さい。
    ありがとうございます。元気になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です