1月17日に収録した「おやすぴ」vol.29をアップした。
この回の内容の一部は、次号の有料レポート『五目通信』1号のほうに掲載する。
現実の創造の仕方とか、そのための注意点、
引き寄せの法則の間違いなどについて、ヤスさんと話した部分だ。
それに、ゼランドの「リアリティ・トランサーフィン」的な観点から補足する。
まあ、配信する日にも詳細を掲載します。

「おやすぴ」もまだ1月24日ぶん、31日ぶん、2月6日ぶん、13日ぶんとある。
どこかの日に一気にかたづけないといけない。

しかし、北朝鮮もミサイルを打ち上げたわけだ。
あれは、各国で呼び方も違ってたね。
弾道ミサイルだったり、ロケットだったり、人工衛星はともかく、
日本でも前は飛翔体とか言ってた。
どちらかと言えば、日本や韓国、アメリカがミサイルと決めつけてた。
現在の国際的な立ち位置から言えば、まあ当たり前だろう。
ヨーロッパではもう少し加減した言い方だったようだが、
どうでもいいことなので、呼び方はいいや。

でも、ちょっと笑うのは、
北朝鮮の声明と言うのか主張と言うのか、よくわからないのだが、
「事大と外部勢力依存は亡国の道。自強が活路を開く」
ってあれは、そのとおりだからおかしい。
個人であっても、あまりに大風呂敷で、夜郎自大で、誇大妄想で、
しかも事大主義で依存体質だったりすれば、それはヤバいだろう。
自立が活路を見出すわけである。

とは言え、国ならば国際協調が必要だし、個人でも社会性は必要だ。
それでも北朝鮮のその声明だか主張には、一理ある。
もちろん自己中はいかんだろうし、“自強”が核というのもいただけない。
まず経済を何とかしろって、これはこっち(自分のことだ)に弾が飛んでくるか…

しかし、たこやき黒電話(誰だかわかるっしょ)も何を考えてるんだか

北朝鮮もそうだが、日本もおかしい。
何なんだ、あの「高校生未来会議」ってのは。
言うに事欠いて未来会議だあ?
日本会議の次は未来会議なわけだ。
安倍さんも本気モードだね、あれ。
未来会議の斎木何とかという理事だか代表も、23歳と言うが、
北九州の人で、安倍さんの遠い親戚だとか。
語るに落ちる。
どこまで周囲を身内、お友だちで固めれば気がすむんだろうか。

おそらくこの夏は衆参ダブル選挙だろうし、いやまだわからないか。
衆議院は状況を見ながらだろうが、基本的には、
ダブルで一気に国会の三分の二に持っていきたいはずだ。
今度から18歳以上であれば投票できるわけだから、
若者層を取り込みにかかるのは必至だ。

しかも、中高生が参加すると言う未来会議は、各都道府県2名だっけ、
東京までの交通費が出るんでしょ? 何千円から最大たしか4万円くらいまで出る。
これは、いわゆるSEALDsや震災以降の反原発運動の流れとは違った、
ある種“動員”だ。
まさか、こんなものに動員されるヤツはいないと思うが、
表向きは世界情勢などについて議論を闘わせる場だというし、
興味本位でも参加するヤツは出てくるだろう。
偵察でもいいが、ミイラとりがミイラにならないように祈るばかりだ。
たしかシールズのメンバーも参加にはやぶさかではないと言ってた記事を見たぞ。

相手は国家権力だし、その道のプロである。
どんな手を使っても動員をかけるだろう。
一番怖いのは物理的動員よりも思想の面だ。
アニメや音楽などのエンターテインメントを駆使して、
日本の素晴らしさ、日本の歴史的な独自性、日本民族の優秀さ、
かつて輝いていた日本の会社、企業戦士、三丁目の夕日、大東亜戦争の意義、
天皇陛下万歳…などとやられたら、感動する若者も出てくる。
やっぱり憲法改正だと。

いや、いいんです。憲法を改正しても。
衆参で三分の二とって、国民投票で過半数いけば改正できるんだから。
でも、今ではないだろう。少なくとも安倍政権じゃ絶対ない。
と私は思う。
そう言えば、投票率を上げるためとか言って、
共通投票所を設置するんでしょ? 今度。
3月だか4月までに設置するとか。
これまでの投票所に加えて、ショッピングセンターや駅前の店に設置するという。
それって、やっぱり国民投票までにらんでるんでしょうか。

外堀が埋められつつあると思うのは私だけか?

しかも、元SPEEDの今井絵理子が参院選に自民から立候補するというんだから、
どんだけわかりやすいんだ、いったい。
安倍は自分に人気がないぶんタレントで票を稼ごうとしている。
それって、どんだけ国民をバカにしてるかわかってるんだろうか?
アイドルや有名人ならみんなバカだから票を入れるってか?
いっそ、ベッキーも擁立すれば?

まあいい。
バカかもしれないし。自分を筆頭に。

いかん。溜まった新聞を読んでるだけで、次々と癇癪ジジイの発作が起きてくる。

あと、重力波の測定にも成功したらしいね。
一般相対性理論は1916年だから、ちょうど100年目に発見されるというのも、
何かできすぎのような気もする。
いずれにしろ、アインシュタインは予言していたわけだから、いつかは見つかる。
ひとつの仮説でも、高い精度で閉じた論理的な世界の話であれば、
その中で予測される法則や現象は必ずいつかは現出する。
問題は、アインシュタインの説もひとつの世界モデルにすぎないということだ。
そこはポイントだ。
太郎くんには太郎くんの、花子ちゃんには花子ちゃんの世界があっていいのだ。
すべて正しい。
いや、正しい正しくないじゃないな。
すべてありだ。

キリがなくなってくるので、また今度書こうと思うが、
最近ひとりのサイキックに逢った。
というか、以前にも仕事で逢っていたのだが、
またじっくりと話ができる機会を持ったわけだ。
3.11を当てたとか、人の病気がすぐわかるとか、重篤な病気を治すとか、
そういうことなのだが、そういう人はゴマンといるのだろう。
そのうちの、いわゆるひとりなのかもしれない。
それでも私は注目しているので、今度その人の理論というか、
思想というか、もうすでにわかっちゃてることを伝えます。
許可も得ているし。

ちなみに、その人によれば、今年は緑の年らしいですよ。
毎日、何でもいいから緑色のものに触れるといいんだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です