先日、ヤスさんこと高島康司氏と『おやすぴ』の最新版を収録した。八王子のいつもの居酒屋だったが、ちょうど八王子が夏祭りというか、神輿が出るような地域のイベントを開催していて、そこらじゅうに出店があってうまそうな匂いを立てている。

それはいいのだが、収録した居酒屋でも元気のいい若者が盛り上がっていて、酔っぱらいオヤジふたりの会話が掻き消されそうになるところを頑張って話したのだが、果たしてどうだろう。

一応、収録データを確認したが、まあ大丈夫だろうってことで、近日中にアップする予定。

決算は終わったが、書籍の原稿整理その他があり、なかなか弊社コンテンツに取りかかれないという本末転倒かもしれない事態に陥っているが、実のところ弊社を支えるベく収入を確保するほうが先のはずのところを、コンテンツを優先させた結果が今の窮状であり、場合によっては手じまいしなければならないかもしれないのだから、どっちが本末転倒なのかわからない。

つくづく単独で金を稼ぐ能力がないというか、計算ができないというか、早い話が金儲けには向いてないことを痛感するが、それでも酒を飲みながら前を向いて進んでいくのだ…………なんてことを考えながら沈思黙考していたら、何かの加減で、ものすごい酔っぱらいというか、とんでもない人と出会ってしまった。

私は知らなかったが、何でも第 73 代目の竹内宿禰ということらしい。

最初は、はあ……と思いながら観ていたが、今の私の頭の中を占拠している『盤』の活動とも絡めながら聞いているうちに、だんだんとこれはただごとではないと思った。

上記に紹介したほかにも、いろいろとYouTubeには竹内氏のコンテンツがある。ひとつひとつ紹介しなくても、わかる人にはわかるでしょう。

興味を持った人は、ほかのコンテンツも観てみてください。この御仁はとんでもないことを発信している。

久しぶりにすごい人に会ったと思うし、勇気も湧いた。ぜひとも取材したいものだ。

取り急ぎ、報告です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です