株式会社 五目舎

個人が自分の人生を“創造”するための情報を、書籍、翻訳記事、メールマガジン、動画、アート作品などを通して、販売、発信、紹介する会社です。

『おやすぴ』第90回をアップ!

単行本の原稿整理に追われて、
記事がなかなか更新できない。

それでも何とか『おやすぴ』の最新版をアップできた。
上記、FEATURED POSTからご覧ください。
ラスベガス銃乱射事件の胡散臭いポイントを検証している。

また、『宗任問答』の最新版も今日の深夜までにはアップできそうだ。
今回は、以前のリスナーの相談者の相談後の報告もある。
ちょっと驚くような内容もあるが、
個人的な探究にとっては、大いに刺激を受けた。

これは、上記FEATURED POSTにある、
「あなたの運命の色」の角田よしかず氏の理論にも通じる、
非常に重要な要素が含まれている。

そしてそれは、
ビリー・マイヤーやフレッド・ベル博士の書物に登場する、
プレアデス系の地球外知的生命、
さらにはヴァジム・ゼランドの「リアリティ・トランサーフィン」、
日本で言えば、政木和三博士のフーチパターンなど、
すべてがリンクしている。

大きな、大きな構図・構造が、
ようやくわれわれの前に浮かび上がってきはじめたようだ。

酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』vol.89 「北朝鮮攻撃は年内にあるのか?」

〇『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』第89回
「北朝鮮攻撃は年内にあるのか?」

ゲスト:高島康司氏
聞き手:西塚裕一(五目舎)
2017年9月23日 東京・中野にて収録

ちょっとアップが遅れてしまったが、
『おやすぴ』の最新版です。

アメリカは北朝鮮を攻撃せざるを得ないのか?
中東覇権、極東覇権はアメリカからロシアに移行するのか?

十人十色なんだが・・・

群盲、ゾウを撫でる、というよく知られた話がある。

盲人が5、6人で動物のゾウを触るわけだ。
これはブログで何回も話したかもしれないが、ひとりは足を触り、ひとりは鼻、ひとりは耳、というようにゾウの一部を触って、「ゾウとはどういうものか?」と問われると、それぞれがいろんなことを言うわけだ。
Read More

真実を探究する問答6 空中携挙とは? ほか

『宗任問答』の6回目をアップした。
前回、リスナーの方から宗任さんへの質問というか、
ヒーラーとしての意見を聞きたいという主旨のメールに応える形で、
宗任さんにその方のお父様の状態を話してもらった。
Read More

『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』vol.88 「アメリカ第2革命か!? エノク預言との関連は?」

〇『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』第88回
「アメリカ第2革命か!? エノク預言との関連は?」

ゲスト:高島康司氏
聞き手:西塚裕一(五目舎)
2017年8月31日 東京・中野にて収録

前回の『おやすぴ』に続いて、緊急アップの2回目だ。
どうもというか、これは本当にマズいのかもしれないということである。

私は、予言とか預言に関しては、それなりに考えていることがあるが、
それは、予言とか預言とは一体どういうことかということとは別に、
というか、ほとんんど関係ないといったら違うかもしれないが、
“現実を創造する”というテーマに絡めて言えば非常に重要なのだが、
基本的にどうでもいいというか、ある意味、危険物のように扱ってきた。

それがここにきて、ちょっと無視できなくなってきた。
いや、無視してきたわけではないが、コミットせざるを得ないというか、
悠長に、“現実を創造する”とはどういうことか?
ということを検証することはちょっとおいといて、
そもそもの悠長な時間そのものが危うくなるかもしれないということなのだ。

こんなに早く来るとは思わなかったが、
かなり“キ”てる。
今。

そう思う。

だから、こうなったら、
これまでチマチマやってきた“現実を創造する”、
ということと絡めて、もう同時にやっていく。

だから、今後はぶっとんだ話も出るだろうが、
やるしかないだろう。

お勉強ではなく、
“行動”の話であり、
けっこう私としてもキツイが、
しょうがない。

『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』vol.87 「緊急アップ! バノン辞任」

〇『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』第87回
「緊急アップ! バノン辞任」

ゲスト:高島康司氏
聞き手:西塚裕一(五目舎)
2017年8月20日 東京・中野にて収録

首席戦略官のスティーブ・バノンが辞任した。
そして、大統領を守るために戦いをはじめると宣言した。

アメリカはいよいよキナ臭くなってきた。

ページ:1234567...27