株式会社 五目舎

個人が自分の人生を“創造”するための情報を、書籍、翻訳記事、メールマガジン、動画、アート作品などを通して、販売、発信、紹介する会社です。

夢見る大人

事務所泊まり込みや、徹夜が続いている。
徹夜が続くと言っても、ずっと続いてるわけはない。
朝方までかかって仕事をし、約束があればそのまま出かけ、
なければ仮眠したり、弁当を買いに行ったりするわけだ。
要するに睡眠不足だ。

私はこの睡眠不足にすこぶる弱い。
ものすごく嫌いである。
平気な人もいるんだよね、あれ。
何かやらなくてはいけないことがあると、
なーに、2、3日徹夜すればいいんだから、
とか言って。
Read More

見えない戦争 1

今日は天気はいいが、朝から風が強いね。
桜も散るだろうな、これじゃ。

今年はおとといか、いや、その前かな、
とにかく遅い花見に出かけた。
家の近所から善福寺公園に行って、
そのまま井の頭公園まで散歩した。

桜は種類にもよるが、まあ半分は散っていた。
個人的な好みとしては、
満開のさなかに何かの拍子ではらはらはらと花びらが舞い、
その中で陶然と立ち尽くすといったシチュエーション。
陶然と酒を飲むでもいいが。
Read More

今日までそして明日から

何と、今日は56歳の誕生日だ。
56歳だって。
すごいね。

たぶん、今40代の人にしても、まったく人ごとだと思う。
自分が40代のときにそうだったし、
ましてや30代20代の人間にとっては、
私は未知の生物であり、エイリアンか神みたいなものだろう。
Read More

『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』vol.69 「トランプ政権と第4次産業革命」

人気ブログ『ヤスの備忘録』でもおなじみ、
社会分析アナリストの高島康司氏をお招きして、

1 世界で今、起きていること
2 人間の新たなる「精神性」「意識」「思考」

について、飲みながら自由闊達に話すシリーズ。
基本的に毎週更新。

〇『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』第69回
「トランプ政権と第4次産業革命」

ゲスト:高島康司氏
聞き手:西塚裕一(五目舎)
2017年1月29日 東京・八王子「鳥良商店」にて収録

西塚 みなさん、こんにちは。『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』の第69回です。今日も八王子の居酒屋にやってきました。ヤスさん、よろしくお願いします、カンパーイ。

ヤス どうもどうも、カンパーイ。先日も話してましたが、今、何か本の出版を手掛けているとか。

西塚 はい、復刊ですね。GLAの高橋信次氏の側近の方が書いた本です。

ヤス 内容は面白いですか?

西塚 面白いです。ヤスさんと同じで客観的なんです。著者もおっしゃってましたが、Investigative Reportですか、アメリカの調査報道の手法で書くジャーナリストです。GLA自体、高橋氏が亡くなる前後に混乱というか、ちょっと方向が変わっていったようなんですが、そのあたりのことを現場にいた人間として客観的に記録した本です。高橋氏の貴重なエピソードなんかもあります。

この『おやスピ』でも以前から話題に出てますが、今後はスピ系でも何でも、ちょっと混乱といいますか、いろいろと有象無象が出てくると思います。何かの判断をするときには、一度このサイトを訪ねて、こういう人たちの本とかデータに触れてほしいという思いで取り組んでるんですが、そういう主旨だったらということで著者も協力してくれたんです。

ヤス まだ、あるんですか? GLAは。

西塚 あります。

ヤス まあ、仕事はちゃんとやってるようなので、取り合えずはエライ!(笑)

西塚 いやいや、仕事するのはそれは当たり前ですけど…

ヤス アハハハハ!
Read More

男の行動

何か、ブログを更新しようと思ったが、
今日は節分だったことを思い出し、あ、豆あるかな…と思い、
家に電話したら買ってないと…
帰りに西友で買えばいいとは思うが、もう夜の11時近い。
あるかしら。

しかし、トランプ旋風だね。
昨年の選挙キャンペーンのときもそうだが、
まだまだ続いている。
それも大統領に就任したわけだから、
やることなすことモロに世界に影響する。
Read More

トランプゲーム

時間が空いてしまった。
もう1月も終わる。

ちょっと雑記っぽいものを書こうかと思うが、
またへんに長くならなければいいのだが。
ちょっと飲んでるし…

まあ一応、トランプのことは書くかな。
このサイトのレギュラー企画でもある“おやスピ”、
『酔っぱらいオヤジのSpiritual Meeting』のアップが遅れまくっている。
ヤスさんこと高島康司氏との対談だが、まったくもって私の力不足だ。
Read More

世界の創造~ゼランド編⑯の2

まだ、11日か…
何だか、濃密な日々を過ごしていたせいか、
三が日がずいぶん昔のことのように感じる。
もちろん濃密ったって、酒飲んだりしていたわけだが、
それだけではもちろんない。
いろいろとイベントに参加して取材しているのだ。
書かなくてはいけない原稿もあるし、ボーッとだってしなくてはならない。
Read More

ページ:1234567...23