この前、編集部の年賀状を女性スタッフが持って来てチェックしてくれというから、私はエラソーにどれどれと見て、来年は辰年だったかあ? とほざいたのだった。え???とビビる女の子に、違うだろーと。もちろん、辰年でいいのだ。私は、なぜかそのとき、ねぇ、うし、たつ、みぃ、と勘定していたのだ。とら、うぅ、を抜かしてた。赤っ恥をかいた。

龍の字をじっと見つめて落ち込んでいたら、ふと龍を見たことを思い出した。最初は去年2月、以前書いた天野雅道氏に会うために熊本へ行った帰りの飛行機の中でのこと。熊本に一泊して、夜、編プロの若いシと天野さんとでしたたかに飲んだ。翌朝、若いシはお義父さんが亡くなったというので先に帰った。私は残りの取材を終え、二日酔いの朦朧とした頭で飛行機に乗った。機内は比較的空いていて、私は離陸した飛行機の窓からぼおっと外を見ていた。頭カラッポ。というか二日酔いでなにも考えられない。眼下は白い雲のじゅうたんが一面に敷き詰められていて、世界が止まったかのようになにも動かない。空と雲。すると目の端でなにかが動いた気がした。なんだあ、と目を凝らすと、斜め後ろの向こうのほうに、細くて長い白い雲がへろへろと飛んでいる。飛行機の下は綿のじゅうたんのような雲が一面に広がっていて、びくとも動かない。その上をその雲だけがぴろぴろ飛んでいくのだ。へんな雲があったもんだなあ、と思ったが、そのうち、あ、龍だ、と気づいた。ハッと気を取り直して、身をよじってしっかり見ようとしたが、もう視界から消えようとしている。私は、後ろの席の人も見ているはずだと思い話しかけようとしたが、その人は何事もなかったかのようにしてるので、やめた。

私は腕組みをして、そのときは、二日酔いで幻覚でも見たのだろう、ということにしたが、やっぱりあれは白龍だったのだと思う。あの方向だと、九州か沖縄か、どこか南のほうに向かっていたのだろう。

そして今年、横浜パシフィコで船井幸雄氏の大きなイベントがあって、会場に着いたとき、横浜パシフィコの真上の空にドギモを抜かれるような大きな龍がかかっていた。もちろん雲なのだろうが、その鱗のある胴体からして龍としか見えない。あまりに大きくて端が見えないから、胴体を辿っていくと、横浜パシフィコは海辺に建っているのだが、その海の向こうの水平線から胴体が出ている。じゃ、頭はと逆に辿ると、遥か向こうのほうまで伸びていてわからなかった。

そのイベントは2日間催されたので、一泊して翌日また出かけてみると、今度は建物の真上に、放射状に広がる奇妙な雲があるので、よく見ると角や髭のある巨大な龍の頭だった。前日もそうだが、携帯のカメラで撮影しようとしたが、SDカードがなんたらでどうしても撮れない。でも、龍の頭は皆気にしてないようだったが、前日の胴体のほうは、会場のまわりの人たちも空を見上げて何事かいっていたので、見た人はかなりいると思う。まあ、控えめにいっても龍としか見えない大きな雲であった。

そして10月29日。熱海で、『ヤスの備忘録』の高島康司氏のセミナーが前日28日の夕方からあって、コルマンインデックスでいうところの第9サイクルの終了(マヤ歴が終わる日。日本時間で10月29日午前9時。コルマン博士の最新の論文によると、28日以降も第9サイクルは続いているという見解のようだ。詳細は高島氏のブログを参照)に立ち会いながら勉強会を開くという、なんともシビれるような企画に参加していたのだが、一泊した翌日の午前中、まとめのセミナーのときに、旅館の窓から空を眺めていると空に龍がいた。今度はあわてて携帯で撮影しようとしたが、セミナー中だったのでまごつて、消えかかってるところをかろうじておさえたって感じ。下の写真がそうだが、これじゃアップしないほうがいいか。

NEC_0017_convert_20111218174738.jpg

ちなみに、セミナーを午前中に終え、小田急線で厚木に行って息子と昼飯を食いながら酒を飲み、一杯加減で駅のホームに座ったら、バカボン山田さんから電話があり、「昨夜からミロクの世界になりました」と。

なぬ!と思ったが、コルマンインデックスのことかと思い、そう聞いたら、「なんですかそれ?」「知らないんですか? そのことをいってるんじゃないんですか?」「いや、聞いたことはあるけど、あれは来年の12月とかじゃなかったっけ?」この人は10月28日にマヤ歴が終わることを知らない。じゃあ、いったいどこからその情報を…。恐るべしバカボン山田。恐るべし高次元情報! ミロクの世界とはどういう世界なのか? 

そして我々はこれからどう生きていくのだろうか? こりゃ当分、バカボン山田さんのブログから目が離せないわな。
まあ、とにかく雲は雲だ。私には龍に見えたが、まあいいさね。

物の見え方は人によってかなり違うようだ。コロンブスが新大陸に着いたとき、原住民たちには、大きな錨を海に落とした巨大な帆船が見えなかったという話がある。彼らの現実ではそれまで帆船のようなものは想像だにできなかったので、意識が削除したらしい。ただ、部族のシャーマンの老人だけが、海に立ったさざ波に気づき、意識を調整すると帆船が現れた。シャーマンは部族の皆にその技術を教え、ようやく皆も確認したということだ。この話は、先に取り上げた『マトリックス・エナジェティクス』に出てくる。話の信ぴょう性に疑問を持つムキもあるようだが、著者のリチャード・バートレットがいうように私もこの話が好きなのだった。

現実はバームクーヘンのように何層にもなっていて、それぞれの層にそれなりの現実があるのかもしれない。それぞれの層(周波数)に意識を合わせることができるようになるとすれば、我々の現実に対する認識はどのように変わるのだろうか。

例えば誰かに、あなたは翌朝目が覚めると、あなたの娘さんはあなたの前にはいません、と催眠術をかけたとする。すると、その人は朝目覚めて、娘さんが目の前に立っても、娘さんを認識することができないのだ。それどころか、娘さんの真後ろにある時計の針を見ることすらできる! 娘さんはどこへ? 意識というか脳が認識するのはどうやら量子の海に漂うある一部の周波数のようなものらしい。私が見た龍のような雲も、見る人が見れば完全な龍に見えるのかもしれないし、ただの雲に見えるのかもしれない。

だいたい私は子どものとき、顕微鏡を買ってもらって、髪の毛とか鼻くそとかほこりとかあらゆるものを覗いていたが、レンズの調節の仕方によって見えるものが違うのが不思議だった。調節をいじると今まで見えていたものが霞み、消え、なかったものが浮かび、現れる。レンズの焦点うんぬんかんぬんで当たり前なのかもしれないが、どうも理屈がわからなかった。それで、世にいう幽霊のようなものもきっと同じことだろうと、これは一生研究するに値する学問だと思い立ち、日本に超自然現象研究所を設立すべく奮闘するのであるが、今のところただの酔っぱらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です