風邪が治った。若干おかしいところもあるが大丈夫だ。今回は自分の症状としてはめずらしく、ちびっと頭痛がしたり吐き気がしたりした。ただの二日酔いだろと言った意見もあるが、私は生まれてこのかた頭痛というものは経験がないのだ。いや、頭ぶつけて痛えよ!ってのはある。でも頭痛はしたことがないので、今回の風邪でツンツンと頭の芯だか横だかわからないがへんなとこに痛みがあったことに驚いた。あと、吐き気。ノロかとも思うがそんなにひどくないので、これはまあ胃腸が弱ってるところに飲みすぎたからだろう。まあ、私の風邪の症状などどうでもいいか。

選挙ですよ。選挙。もう終わったが、私もみなさんと同じく、未来の党の惨敗ぶりと自民党の大勝ぶりに大いに驚き、なんじゃこりゃぁー!と怒りまくり、これは間違いなく不正選挙だ!、日本の闇はここまで深かった!、これは想定外だった、おい、こんな日本にはいられない、脱出するゾ、とカミさんと娘にがなりたて、どこに行くのかしら?、と聞き返されたので、うるさい!どこでもいい、日本じゃなけりゃどこでもいいんだ、なんなら中国でもいい!、と支離滅裂のことを言ったのを自覚できたので、ふと冷静になった。

しても、未来の党の 9 議席はないだろと思うのだが、まあいい。個人的にはほんとに想定外だった。でも、ヤスさんによれば、想定できる危機は回避されるので、これもありだ。私としては、民自公維新の連立で過半数を超え、未来その他で 100 超えくらいを予想していた。案の定、私ごときの予想・想定は木っ端微塵にされ、まったくの想定外のことが起きたので驚いているわけだ。でも、これはまわりの反応を見るとあながち私だけではなさそうだ。

しかしここで私がというか世の中で言われてるように、これで原発が再稼働し、TPP にも参加し、消費税も 10 %に上がり、自衛隊が国防軍になり中国とドンパチをはじめることになった・・・と想定すれば、むしろ逆に、そんなことは微々たることだったというような、とんでもない想定外が起きるのかもしれない。あるいは、このまま自民が暴走し、憲法改正を筆頭に世論をまったく無視した横暴ぶりを発揮して、来年7月の参議院選挙で手痛いしっぺ返しを受け、自民惨敗ねじれ国会となり、未来の党を中心とした勢力に勢いがつき・・・といった想定もまたことごとくくつがえされ、まったく想定外のことが起きるのかもしれない。

いずれにしろ、世界は人間の理性による浅はかな想定を超えた部分で形成される。

今回の選挙にしても、脱原発、反TPPには基本的に賛成しても、この不景気でにっちもさっちもいかなくなっている中小企業の経営者や失業者にしてみれば、まず景気をよくしてくれと思うだろうし、ほんとにお金もないし飯もないという深刻な状況なら、原発もTPPもおそらく関係ないかもしれない。小泉以来、経済格差に苦しむ層にしてみれば、格差を作り出す構造そのものをなんとかしてくれと思うだろうし、社会保障などのセーフティネットの見直し・確立の必要性は誰もがわかっている。だからこそ、追米属国に甘んじる民自公ではない第三極に期待するしかないのだが、現に今なんとかしてくれと叫ぶ人々にとっては、そんないつになるかわからない理想より、目の前の景気をよくしろと思うかもしれない。同情するなら金をくれ、だ。だから、第一に経済問題を掲げる自民党に票がいく。

このような書き方をすれば反発する人もいるかもしれない。でも、まわりの人々を見てください。それぞれの状況でやっとこさっとこなんとかしのいでいる人がほとんどだ。もちろん私も例外ではない。そのなかで各人各人いろいろ様々に幸せな状況を創り出す。もちろんなかには、脱原発、反 TPP、増税反対などのデモをしたり、集会や勉強会を開いて政治的活動をする人々もいる。あるいは、アセンション、ミロクの世など、いわゆるスピリチュアルな情報に基づいて活動をする人々もいる。

だいたい、「スピリチュアル」ってよく言うが、また「スピ系」とか言ってある種差別的に相手を攻撃したり、場合によっては精神世界系側の人々でも「スピリチュアル」と「リアル」を分けて論じたりしてるが、この世というか世界のことはすべてスピリチュアルだ。当たり前だ。あえて「スピリチュアル」などと言う必要もないのだが、これまで世界を支配してきた物質至上主義に対するアンチとしての位置づけがあったからしょうがない。あげくのはてに「スピリチュアル」も、「オカルト」や「宗教」といった言葉と同じように、思考停止してる人々によって相手を非難するキャッチフレーズになってしまった。「オカルト」はご存じのように「隠されたもの、目に見えないもの」という意味のラテン語だ。オカルティズムはそうした目に見えない世界を探求する学問だ。ただそれだけの話だ。「宗教」だって神聖なもの、超越的なものに対する信仰や、それにまつわるもろもろのことだ。それが、近代科学や近代理性といったある種制限された、あるいは狭隘と言ってもいいが、そうしたシステムに合致しない、もっと言えばその人の頭の理解を超えたことがらに接すると、やれオカルトだ、宗教だ、スピ系だろ?となる。

あれ、なんだっけ。

とにかくいろいろな人々がいて日々の暮らしをしているわけだ。だから脱原発、反 TPP その他、これまでアメリカの言いなりになってきた&それで権益を得ていたヤカラの政策に対して「アホ」と言う立場は正しいし、そういった情報を拡散することも正しいし、そういう方向性を示している政党に投票することも正しいと思う。だから私もそうする。でも、かと言って、そうしなかった人を非難することはこれはできない。できないよ。仮に非難したり、無理やり引きずり込んだとしても、ロクなことにならない。それは強制だからだ。私は、これは単に私の性格が悪いだけだという話もあるが、とにかく人から強制されることが大嫌いで、仮に正しいことだとしても嫌だ。強制にはやはり人を支配しようとする意図を感じる。そして人はやはり支配されるのは嫌なのだと思う。でもこれは自信がない。支配されたほうがいいという人もいるのかもしれない。
くどくなるな。

要するに、今回の選挙の結果は、ひょっとしたらこれでようやく日本国民が本格的に自発的に行動を起こす準備が整ってきたということかもしれないと思ったのだ。だって自民の圧勝でしょ? この先なにが起きるかわからない。それこそ想定外のことが起きそうだ。そのとき、それが自民圧勝によるところが大きいならば、何かことの起きた遠因が自民圧勝にあるならば、その事態を招いた日本国民がおそらく「自発的に」ことを起こすと思われるからだ。その事態の深刻さに比例して、日本国民の起こす行動も本格化するだろう。それがどういうことか私などにはわからないが、少なくとも誰もこれまでに予想もしてこなかった「想定外」のことであることは間違いないだろう。それは外国の連中、あるいは日本人にしても考えたことがないことかもしれない。そして、どの程度かはわからないが、その事態に関して、またそれに対する日本人の行動に関して、皆がこりゃダメだ、と思ったところで「グレン」と引っくり返るのかもしれない。そしてそれを引っくり返すのもおそらくわれわれなのだ。

それでもまだ、ソフトランディングするかハードランディングするかは、いまだ決まっていないと感じます。

 

2 thoughts on “ミロクの世”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ∞酒林∞さん、お久しぶりです。
    >システムに合致しない、もっと言えばその人の頭の理解を超えたことがらに接すると、やれオカルトだ、宗教だ、スピ系だろ?となる。
     その通りですね。人間、理解できないと拒否して自分を守る習性があるみたいです。その上、攻撃かけてくる人もいますよね。
     今この時期だからだと思いますが、アセンション云々をブログで批判しまくっている人がいますね、全然、起きなかったじゃないかとか、逮捕されてないじゃないかとか、そういうのも闇がしかけたことだとか何とか…  おっしゃるとおり、神様のなさることは想定外ということです。
     ところで、∞酒林∞さんはすでに、個人的にはアセンション始まりました~?(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    spacelight様
    コメントありがとうございます。
    そうですね。いろいろ批判する人は、依存気質なのだと思います。
    なにかしら外部に頼るから、期待が裏切られると文句を言うのではないでしょうか。
    誰にもそういう部分はありますが、程度の問題ですかね。
    あと、アセンションもずっと前からはじまってるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です