もう4月も終わる。
1年の3分の1が過ぎようとしているわけだ。
これから夏がきますね。

『おやすぴ』の先々週ぶんをアップしたが、予定より遅れてしまった。
なかなかうまくいかないな。すぐに先週ぶんにとりかかっているが、
疲労してきたゾ。酒が飲みたくなってきた。

しかし、今回の熊本地震はいきなりだった。
誰も予測してなかったのではないだろうか。
いや、いずれくるとか、くるとは思っていたとかではなく、
これはノーマークだったと言っていいだろう。

しかし、阪神淡路にしても、それまでは絶対に近いというくらいに、
みんな地震などはこないと思っていたのだ。
専門家さえもそう思っていた。
東日本もそうだ。あそこは以前にもあったから、ちょっと違うが、
それでもいきなり感は否めない。

やっぱり警告だろう。
もちろん自然からのだ。人工地震説はちょっとおく。
ややこしくなるからだ。
普通に、謙虚に、原始人…までは戻らなくてもいいが、
古い人間に戻って、自然からの警告と受けとったほうがいいと思う。

自然破壊その他、いろいろあるが、やっぱり当たり前に原発だ。
原発につぎ込んだ金の回収もあるし、日本や地域の経済のためとか、
電力不足とか、そういう話はいい。
どんなことでも理屈をつければ何とでも言える。

普通に考えて、普通に考えてだよ、なぜ川内原発を止めない?
せっかく動かしたから止められないんだろうが、
九州電力でも原発職員でも、
規制する側であるはずの原子力何とか委員会の連中でも、
本当に稼働させるべきだと本気で思ってるんだろうか。

しかも、中途半端な調査しかしてない地盤だぞ。
はっきり言って、川内原発は活断層の上に建ってるよ。
いや、川内だけじゃなく、すべての原発がそうだろう。
ウソだと思うなら、本気で調べてみればいい。

この地震列島で、また福島みたいなことが起きたら、
誰がどう責任をとるのだろう。
国民のことを一番心配しなくてはならない政府は、
何を考えてるんだろうか。
何か次に起こったときの言いわけを考えてるのかなあ。
借金取りがくるみたいに。

阪神淡路があった。たくさんの人が死んだ。
原発は何もしなかった。
東日本があった。もっとたくさんの人が死んだ。
原発が止まった。
また動かした。
熊本がきた。
まだ動かしてる。

人間の浅知恵で、どんな災害でも何とかできるとして、
莫大な金をかけて、利権も生んで、いろいろ対策はとった。
でも、想定外のところへ災害がきた。
今までのサイクルでは考えられなかった?
統計的にはありえない?

どんなタームのサイクルだろう。
10年? 100年? 500年? 1万年? 5万年?
ニュートンが死んでからまだ300年も経ってない。
ましてや、おそらく地震の研究では世界一の日本で、
どれだけ地震のことがわかってるんだろうか。

近代科学では測り知れないサイクルで起きてることだったら、
どう落とし前をつけるんだろうか。

いいんじゃね? 自然が怒ってるで。
そうなると、ひとりひとりがちょっとは考えて、
行動を顧みて、反省もし、改善への努力もするだろう。
そういう人たちが集まれば、もうちょっとましな知恵も出る。
そういう集団、仲間、同好の士、何でもいいが、
そういう連中とつき合いたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です