本書は 1995 年に発行された、知る人ぞ知る幻の名著である。長らく絶版となっており、古書店やオークションで高値で取り引きされていたが、今年の 3 月に成甲書房より復刊された。本テキストは、その復刊本の PDF テキスト版(320 ページ)であり、特典として、今年 3 月に行なわれた著者・菅原秀氏のインタビュー(20 ページ、約 1 万 6000 字)を別途、PDF テキストとして添付する。

ちょっと前にも告知として、この本のこと、高橋信次氏に関することは、ざっと記事にした

 

■無料サンプルページのダウンロード

書籍『誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像』PDFテキスト版無料サンプル(表紙、まえがき、目次、第一章抜粋)

特典付録 著者・菅原秀氏インタビュー無料サンプル(冒頭部分)

 

高橋信次氏は、「幸福の科学」や「オウム真理教」をはじめ、多くの新興教団に影響を与えた宗教教団「 GLA 」の創始者である。多少なりとも日本の宗教史や精神世界の書籍、さらにオカルトや SF に興味のある人であれば、おそらく知らない人はいないのではないだろうか。また同時に、高橋信次氏にはさまざまな超能力や奇跡に関する逸話も多く、果たしてどこまでが事実でどこまでが誇張なのかわからない話もあり、今日に至るまでその毀誉褒貶もこもごもである。

1970 年、著者の菅原秀氏は 22 歳のときに高橋信次氏と出会い、まさしく GLA の草創期から約 5 年間、高橋信次氏の生身と肉声に接しながら、教団の活動を目の当たりにしてきた。そういう意味では、公刊された本としては、ここまで実際の高橋信次氏の姿に迫った本はなかったと言っていいだろう。タイトルにあるように、文字どおり “誰も書かなかった” わけであり、また菅原氏にしか書けなかったのである。なぜなら、菅原氏がジャーナリストだったからだ。

くどくどと私が説明するまでもなく、この本を一読すればわかることだが、後に信者ばかりではなく数々の教団や教祖までもが心酔し、しだいにカリスマ化・巨大化していく高橋信次氏であるが、菅原氏は GLA 草創期からの約 5 年間を努めて客観的な筆致で描写していく。その対象は高橋信次氏から信者たち、その周辺の人たち全般に及ぶが、ときには生々しい人間の感情のやりとりや高橋信次氏の “超能力” にまで及ぶ。

言うまでもないことだが、この本の内容にしても、また著者の菅原秀氏や私にしても、特定の人物や特定の集団の信仰活動に対する誹謗中傷の意図はない。ただ、これからも私たちがこの国、あるいはこの世界で “精神活動” を行なっていくにあたり、この本は私たちにあらためて、その意味や意義の再確認・再検討・再認識を迫ってくるであろう。

本文の PDF テキストのサンプル(表紙、まえがき、目次、第一章抜粋)、特典付録の著者インタビューのサンプル(冒頭部分)を無料ダウンロードできるようにした。ご一瞥いただき、何かしら “響いてくるもの” があれば、ぜひ全文をご一読願えればと思う。

 

■無料サンプルページのダウンロード

書籍『誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像』PDF テキスト版無料サンプル(表紙、まえがき、目次、第一章抜粋)

特典付録 著者・菅原秀氏インタビュー無料サンプル(冒頭部分)

 

■購入方法

書籍『誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像』PDF テキストは、特典付録と合わせて、1 冊 1500 円です。お支払いは、クレジットカードかお振り込みになります。

〇クレジットカード(VISA、MasterCard、American Express、JCB、DISCOVER)

現時点では PayPal 経由になります(手数料無料)。ご購入される方のメールアドレスに PayPal から請求書メールが届きます。PayPal のアカウントをお持ちでなくても、届いた請求書メールから、その場でアカウントを作成し、クレジットカードで決済ができます。PayPalとは?

〇振り込み

下記の金融機関の口座にお振り込みください。申し訳ありませんが、振り込み手数料はご購入される方のご負担となります。

三菱東京UFJ銀行
西荻窪支店(店番:748)
普通 0028778
株式会社 五目舎(カブシキガイシャ ゴモクシャ)

ゆうちょ銀行
記号 10110
番号 75351991
名前 カ)ゴモクシャ

※他の金融機関からゆうちょ銀行にお振り込みの場合は、下記のように変わります。

店名 〇一八 (読み:ゼロイチハチ 店番:018)
普通 7535199

 

ご購入される方は下記メールアドレスまで、「高橋信次 PDF 購入」の題名のメールを送ってください。メールにはお名前と、クレジットカードをご利用の方は「クレジットカード」、お振り込みの方は「振り込み」と記入してください。決済確認後、いただいたメールアドレスに返信する形で、PDF データを送付いたします。

■購入申し込みのメールの宛先(うまくリンクしてない場合は、このアドレスを打ち込んでください)
info@gomokusha.co.jp

4 thoughts on “書籍『誰も書かなかった高橋信次 巨星の実像』PDFテキスト版(特典付録/著者・菅原秀氏インタビュー)販売開始!”

  1. 購入して読ませていただきました。高橋信次さんの普段の姿がよくわかり、素晴らしかったです。お勧めします。

    1. HY 様

      ポストありがとうございます。

      私もこの本には打たれるものがあり、
      絶版となっておりましたので、
      著者に連絡して再びに世に問うたしだいです。

      宗教関係のものはとかく賛否両論あり、
      この書籍に関してもいろいろ批判があるようですが、
      私の知る限り、感情的な非難は論外ですが、
      アマゾンレビューにあるまっとうな批判らしきものも、
      根も葉もないことであり、
      根拠ある反論ができることを著者に確認しただけで、
      特にリアクションは起こしておりません。

      普通に文学的な意味で感銘を受けたり、
      資料的にも役立つと確信しておりますので、
      関心のある多くの人に読んでいただければと思います。

      西塚

  2. 超能力者の具体像を始めて知ったのは、高橋信治で、インターネットに、弟子が書いていた内容であった。コンピュータのハードのエンジニアで、論理的な記述であることにビックリした。その直後に、バーバラ・ブレナン女史の「光の手(河出書房新社)」を、九大出身の内科医から紹介された。ほとんど、両者の説明内容は、同じである。高橋は、宗教にしたが、バーバラさんは医学にしたことが違う点であろう。バーバラさんは、超能力で、医学的な成果を出せるが、理論的な説明ができないので、科学理論の開発を優先課題にしている。ほとんどのヒーラーは、営業はするが、メカニズムの必要性を感じない。しかし、特殊能力が、少しはあるので、自分の理論を創るけれども、宣伝もかねて、有名な物理学者の理論を、勝手に解釈する。この点が、ヒーラーがオカルトとか詐欺師と呼ばれる根拠なのだ。世界の大学で、研究されるキッカケ(=意識の科学の、統合的な仮説の提案)が必要なのである。宗教にすると、特殊能力を商品にした、利益団体に成るので真理を求める、科学活動は難しくなるのだろう。

    1. 東様

      ポストありがとうございます。

      おっしゃるとおりですね。
      とにかく、ブレナン女史は師のブリエール博士とともに、
      ヒーリングを世界中に広めることに貢献しました。

      ブレナン女史は元NASAの気象物理学者という、
      科学的な学問体系をお持ちであることも重要なのだと思います。

      >世界の大学で、研究されるキッカケ(=意識の科学の、統合的な仮説の提案)が必要なのである。

      まさにそう思います。
      そういう取り組みが乏しいから、
      本物のヒーラーもインチキ呼ばわりされたり、
      詐欺が横行して被害者が出ることになります。

      人間の能力をもっとオープンに、
      きちんと研究・解明していく機関、
      また指導者が必要かと思います。

      西塚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です