仕事の原稿を書かなければならず、
パソコンを開いてはみたものの、
窓から差し込む陽光がポカポカとしていて、
陶然としてしまう。

“陶然”などと言うと何かしら高尚めくが、
要は頭がボォーーッとするということだ。

この感覚は私にはよくあるなと思っていると、
高校時代に授業をサボッて寺に行って、
魚肉ソーセージ食って牛乳を飲んだときを思い出した。

禁止はされていたが、
私はいっとき高校にバイクで通っていたが、
バイクを近くの市営球場に停めて、
校門の前までテクテク歩いていくと、
ふいに「やーめた」という気分になり、
市営球場に引き返して、
バイクに乗って、
どこかへ出かけていくというクセがあった。

そのときも高台にある寺に行き、
見晴らしのいい丘から霊園を見下ろしながら、
ソーセージを齧っていたのである。
遠くに富士も見えてたかな。

あのときも日を浴びながらボーーッとしていた。
そして、そういうときはいつも家持の歌を思い出していた。

うらうらに照れる春日にひばりあがり
こころかなしもひとりしおもへば

万葉集の歌はあまり知らないが、
この大伴家持の歌はなぜか心に響いたというか、
忘れなかったのだ。

“こころ”というのは、
“情”という漢字があてられていたと思う。
教科書には。たしか。

ポカポカとした陽気の中を歩いていると、
今でもこの歌が浮かんでくる。

この歌の解釈についてはいろいろとあるんだろうと思う。
でも、何となくわかるわけだ。家持の気持ちが。

んなんだから、
もちろん高校時代は遅刻の連続で、
回数の多さでは2位だった。

1位は高野というヤツだったが(あ、言っちゃった)、
なかなかいいヤツで、
ある日、町の雀荘で私がマージャンでボロ負けしたときに、
払えなくてどうしようかと思っていると、
軽く肩代わりしてくれたのだ。

私はハナから負けるつもりはなかったので、
お金をほとんど持って行かなかったのである。

高野は本当に“軽く”払ってくれた。
そのときのメンバーは同じクラスの私と高野と、
あとのふたりは別のクラスのヤツだった。
別のクラスのヤツに私がボロ負けしたのである。

何の話だかわからなくなってきたが、
あの“軽く”払ってくれた“感じ”が何とも不思議で、
今でもときどき思い出すくらいだ。

何と言うか、
お金にこだわりがないというか、
どうでもいいというか、
そりゃないときはないわな的というか、
高野自体に金銭感覚が欠如していたのでないかと、
今になってみると思えなくはないが、
いずれにしろ共感したのである。

金を払ってくれたからそう思うだけだろうと、
おそらく言われると思うが、
そうではないのだ。

“お金”というものに対する態度というか、
感覚というか、
要するにお金に“重き”をおいていない感じ。

本質的にはあってもなくてもどうでもいいもので、
あればあったで、もちろん今の世では便利だし、
人によってはそれが“アイデンティティー”にもなるようだし、
安心感や優越感にもなる。

そういう感覚と無縁の感じといったらいいだろうか。

いつぞやの同窓会のときにそのことを高野に言ったら、
「覚えてない」と言ってたような…

ちなみに高野は、高校当時はいわゆるリーゼント頭で、
電車の中で国士館のトッポイ大学生の兄さんと、
ガチンコで睨み合ったまま一歩も引かないようなヤツだった。

何のこっちゃ?って話だが、
仕事の原稿がはかどらないものだから、
ブログの更新をしようと前回の記事をのぞいたら、
カタカムナに触れていたことを思い出して、
“過去”というものに思いを馳せ、
そして陽気のこともあって、
ふと高校時代を思い出したということだ。

日本のカタカムナを世界に伝えようと奮闘されている、
吉野信子氏がいる。

この人はすごい人で、ネットを見ていたら、
“カタカムナ”という言葉が目につき、
これは“カタカナ”の間違いだろうから、
書いた本人が恥をかくと思って、
間違いを指摘してあげようとして、
あ、本当にカタカムナというものがあるのだ、
とわかり、勉強をしはじめたという人である。

そうして、自称“一介の主婦”だった氏は、
今や誰も解明できなかったカタカムナの奥儀に、
かなり迫ってきているということなのである。

氏の話の“核心”のひとつに、
“過去”に関するものがあり、
簡単に言うと、
私たちが“今”と思って見ている世界は、
実は“過去”だと言うのである。

過ぎ去った世界、
過去になった世界を“今”と思って見ている。

では、“今”はどこにあるのかと言うと、
その“過去”を見てどう思っているのか、
自分の中にある“想い”の中にあると言うのだ。

つまり、
私たちは目の前にある現実を見て反応する。
目の前で起こっている現象に対して、
イヤな気持ちになったり、
憎らしく思ったり、
妬んでみたりしている。

その想いの“振動”が、
まためぐりにめぐって、
目の前の現実を創造していく。

ネガティブな想いの振動は、
そのネガティビティに見合ったものを正確に創造していく。
これはもはや法則と言ってもいいだろう。

私たちは、
自分の過去の想いが創造してきた現実を見て、
またある想いを抱いて、
判断をして、
反応して、
順繰りに順繰りに、
過去を創造していっている。

それを高速以上のスピードで、
絶えず繰り返しているわけだ。

だから、
目の前の現実(本当は過去)を見てどう反応するか?
また過去と同じような現実に接した場合に、
また同じように反応するのか?

何かムカツいたヤツがきたときに、
また同じようにイヤな顔をして否定するのか?

何か超苦手なできごとと遭遇したときに、
また同じように逃げるのか?

自分に降りかかるすべてのことを受け入れ、
たとえばすべてを“学び”としてとらえたり、
人の気持ち理解するための“経験”としてとらえて、
マイナスのものをプラスに変換していくと、
その想いはプラスの振動として自分の中に蓄えられ、
今度はそのプラスの振動が現実を創造していく。

すると、現実が変わる。

これも当たり前だ。
この世のすべてのものは、
“振動”とか“波動”でできている、
とする立場からすれば、
振動が変われば、
すべてはその振動に合わせて、
変わっていくのである。

プラスの振動は、
そのプラスに見合った現象を創造する。

そしてプラス現象が勢いづいてきたときは、
「あ、これはいかんな。
調子にのらずにちょっと控えよう」
とか、
「あ、自分ばかりがいい気になっているな。
もう少し、ほかの人の気持ちも考えよう」
とか、
マイナスの振動も取り入れて、
バランスをとっていく。

この世にプラスしかなかったら、
創造は起こらない。
すべてプラスとマイナスの動きでできているのである。
“陰陽”の世界だ。

だから、すべてのことを受け入れ、
それぞれがそれぞれなりに、
マイナスをプラスに変換していくこと。

そこにおそらく、
私たちが生きていくための“秘密”が隠されている。

でも、これまで、
その“秘密”や“奥儀”は巧妙に隠匿されてきた。
隠匿している連中がいるということだ。

だって、こういうシステムというか仕組みがわかれば、
人々は現実を変えはじめるよ、きっと。
誰だって戦争や人殺し、不公平や格差はイヤでしょ?

でも、ここに大きな問題も横たわっていて、
バカのようにいつも私が持ち出すゼランドや、
その他、いわゆる高次元の存在?
地球外知的生命?
からもたらされる情報、
さたには26日に出る角田氏の書籍など、
いろいろな人が指摘しているように、
なかなかひと筋縄ではいかぬこともあり、
マイナスやネガティブに引き寄せられてしまうという、
言ってみればエネルギーのようなものもあるわけなのである。

それは何だ?
というこだ。

それはともかく、
おそらく先の吉野信子氏は、
カタカムナを伝えていくことに、
今後の生涯のすべてをかけたような人なのだと思う。

ちょっと長いが、
下記のYouTubeを見るとそれがよくわかる。

カタカムナというものの概要、
吉野氏の想いのタケが、
十分に伝わってくると思う。

いわゆるマカバも、六芒星も、
秘密結社の言う“すべてを見通す目”も、
日本人とユダヤ人のことも、
すべてカタカムナで説明されている。
しかも明確にだ。

吉野信子氏は、
今後の世界にとっても、
重要な人物のひとりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です