『宗任問答』の最新版は本日中、
『おやすぴ』の最新版は明日中にアップできると思う。

しかし…
大相撲のこと自体は詳しくないが、
何だかみっともないことになってるな。

いかに不正というか八百長というか、
まあ昔から野球賭博もあったことだし、
いろいろあったことは間違いないだろう。

それこそ相撲でも野球でもボクシングでも、
ひょっとしたら競馬や競輪や競艇でも、
場合によっては宝くじや選挙やアカデミー賞やノーベル賞でも、
似たようなことがあるのかもしれない。

私はいずれにも興味がないというとウソになるな、
たしかに宝くじを買うことがあるし、
10回以内だが馬券も買ったことがあるし、
選挙にも行く。

それでもやはり、
公正・公平であってほしいものはあってほしいわな。

まあ興行関係であれば客に受けて、
お金が儲からないといけない。

儲からなくてもいいという興行は、
基本的にはあり得ない。

ましてや博打もそうで、
儲からなくてもいいなどという博打はないのである。

だからそういうものには、
“やらせ” や “いかさま” や “いんちき” はきっとあるだろう。

それは見てるものにもうすうすわかっていて、
多少のことはあるだろうくらいは察しがつく。

プロレスを “八百長” だと言って起こる御仁はいないのである。
むしろプロレスの “ルール” を逸脱して、
思いのほかガチンコになったときに、
見てるほうも逆に驚き、喜ぶわけだ。
「あれ、マジなんじゃね?」となる。

いわば嬉しいハプニングであり、
それは普段の “ルール” がちゃんと機能しているというか、
“しきたり” や “慣習” に則っているから許されるんであって、
それらがきちんと関係者によって守られ、
運営されているうちは、
逸脱が逸脱として許容範囲のエンタメにもなる。

世間が “許す” わけだ。

でも、そうしたしきたりや慣習も、
経年による勢力図の硬直化を受けて、
強引に操作されたりねじまげられたりすれば、
その業界の中に本来は必要のない軋轢が生じ出す。

そうなれば、
多少の逸脱も多少ではなくなり、
うまーく回っていたルールにもほころびが生じ、
人間が回している以上、
“感情” も絡み出して、
もうこれは行くところに行くしかなくなる。

外野の野次馬にとっても面白くないというか、
見逃しようもないというか、
応援できなくなる。

これが『昭和残侠伝』の親分なら、
「騒ぐんじゃねえ。みっともねえぞ」
で済む話なのだが、
そうした親分がいないのか何なのか。

もう親分も子分も兄弟分も仲間うちも、
みんながみんな私利私欲に走って、
バランバランになってるということだろうな。

いや、これは大相撲に限ったことではなく、
おそらく日本中でそうなのだ。

しきたりとか慣習とか、
業界に伝統があればあるほど、
その業界では今後は問題が起きてくるだろう。

今度はどこだ?

先日、海老蔵が歌舞伎界の仕事のあり方を改革するとか何とか、
そういう記事をヤフーで見た気がするが、
歌舞伎界なんかもそうかもしれないね。

でもこれは芸能界のみならず、
流通業界や小売業界、
出版業界から何までそうなのだ。

その最たるものが金融業界で、
今や仮想通貨というか暗号通貨が大ブームなのである。

ヘタすりゃ、
貨幣システムが変わるわけだ。

ちなみに、
暗号通貨に関しては我家では禁句であり、
ビットコインなどと口に出そうものなら、
うちのカミさんの頭がおかしくなるのである。

なぜなら一昨年の初め、
私はいろいろ調べて、
これから暗号通貨が化けると睨み、
我家中にそのことを熱く語り、
私自身ビットコインをン百万ぶん持ち、
長男にもン十万買わせたのだ。

その頃はまだ、
暗号通貨って何?という時期で、
ほとんどの人は関心がなく、
私は周囲の親しい人にも話せなかった。

今では信じられないかもしれないが、
“怪しい” ものだったのである。

私の場合は、
家系が火の車だったので、
そうでもして小金を稼ぐしかなかったのだが、
つまりビットコインをちょこちょこ売り買いして、
利益を得ていたのだが、
そのままキープしていれば、
今ごろはとんでもないことになっていたのである。

だからカミさんは、
今でもそのことを思い出すと気が狂わんばかりになり、
長男はというと…

ここが不思議なのだが、
長男は長男でわりと私に似ているというか、
ないもんはしゃーないといった風情で、
意外と平気なのだ。

いや、そうでもないか、
話題にしないところを見ても悔しいのかもしれないが、
あまり執着はないようなのである。
だから我家はビンボーなわけだ。

…はい、おあとがよろしいようで…

立ち飲み屋にでも出かけるとするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です