『盤』(VAN)を発足します。

 

『盤』(VAN)は、

 

私たちはなぜ、存在しているのか。

世界はどのようにして、在るのか。

 

このふたつのことを探究する場です。

 

『盤』は、主宰する五目舎が探究の経過を報告し、同じ探究に携わるものたちが意見交換する場です。基本的に毎月1回開催されます。

『盤』への参加者は、いまだ知られざる人類の叡智や、世界に隠れている知識を探し出す「トレジャーハンター」でもあります。

『盤』の参加者で、貴重な体験をされたり、興味深い情報をお持ちである場合は、本人の了承のもとに定期発行媒体でレポートし、内容によっては書籍として企画します。

 

現時点では、以下の3つを軸として探究を進めていきます。

 

1 どうやら人間には現実を創造する力があらかじめ内在しており、その力は根元的な「創
造」に由来し、人間の外部にあると言われるような、いかなる超越的な存在にも依拠してい
ないのではないか。

2 「地球外知的生命や高次元の存在」と「輪廻転生」は、これを想定せざるを得ないの
ではないか。

3 現在の武術の中には、1の力に関連するものがあるのではないか。

 

1、2、3に関しては、古今東西さまざまな書籍が出され、また情報が発信されています。毎回、有名無名に関わらず、そうした書籍や情報を参考資料として取り上げていくことになります。

 

※有料の会になりますが、参加費は『盤』の運営費、書籍等の媒体制作資金とさせていただきます。
※『盤』は、非宗教的、非政治的、非セクト的であることを原則とし、あらゆる意味において中立です。

 

第1回 『盤』(VAN)

■テーマ

『現実の構造と現実化の仕組み』

 

・ヴァジム・ゼランド『リアリティ・トランサーフィン』が教える超貴重情報の概要

・ほとんどの「真理」が高次元存在からもたらされている理由

・取材を通してわかった多くの「霊能者」たちの苦悩と限界 他

 

日 時 : 2018年3月31日(土曜日) ※終了しました。次回は近日詳細をアップします。

時 間 : 14時~17時ころまで

参加費 : 3,000円(当日会場でお支払いください)

場 所 : 中央線荻窪駅下車(詳細は参加者にメールでご案内します)

参加人数: 最大18人(お申し込み順で受け付けます)

番外編 : 希望者のみ。荻窪の居酒屋にて割り勘で

 

参加希望者は、1 お名前2 メールアドレス(他のメールを指定する場合)、3 番外編への出欠を書いて、下記のアドレスまでメールでお申し込みください(うまくリンクしてない場合は、下記アドレスを宛先に打ち込んでください)。いただいたメールに返信する形で詳細をお知らせします。

info@gomokusha.co.jp

 

※参加者には、通し番号を振ったカードをお渡しします。会員証ではなく、『盤』に参加した証しとしてお持ちください。
※個人情報は当企画以外には使用しません。
※参加された方には、当社の情報メールが届く場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

2 thoughts on “『盤』(VAN)を発足します!”

  1.  西塚裕一様

    『盤』(VAN)構想、読ませていただきました。素晴らしいと思います。

    (私は、31日の集いは、もっと気楽な情報交換の場だと思っておりましたので、拝読しながら思わず襟を正しました。)

    『盤』(VAN)の、ふたつの探究テーマは、根源的なものであり、同時にリアル・タイムで進行する状況を学べるものであり、
     そのふたつのアプローチは、
     今ここの旅のブレを、フィードバックするに当たって、
     効率のよい手がかりが得られそうで有り難く思います。
     そこからは、よりクリアな視界のもとで、
     自分の創造を進めることを、的確にバック・アップしてくださる力を学べると思います。

     現実世界に、長い年月をかけて、クリエイティブに参加してこられた西塚さんの、
     経験豊かな観察眼で検証されたヴァジム・ゼランドのビジョンを、
     第1回『盤』(VAN)で学べることは、
     実人生への、そのビジョンの応用をも学べると思われますので、
     大きな楽しみです。

    『盤』(VAN)の立場を「中立」としておられますが、それを「中間に立つ」と受けとめますと、
     様ざまな有益なビジョンを、囚われずに学べて、
     実人生に、参加者が、独自に活かせる学びの場が形成されていくようで、とても嬉しいです。

     私が継続して学んでいるビジョンは、ひとつです。学び方の基本は、二つあると思います。
     ひとつは、自分が選んだ、ひとつのビジョンを、生涯をかけて掘り下げながら実人生に応用し、検証し、新たな気づきを踏まえて、さらに掘り下げていくこと。
     もうひとつは、自分が選んだ、ひとつのビジョンを、他の、複数のビジョンとの関係性を活かして、自他のビジョンを、クリエイティブに調和させる道を歩んでいくこと。

    『盤』(VAN)の探究は、私の学びの姿勢を、奥行き豊かな方向に育ててくださるように感じます。

     また、『盤』(VAN)の探究の3つの軸は、どれも関心の深いものばかりで心が躍ります。

     当日は、しっかり学ばせていただきます。
     よろしくお願い致します。

     好本健一 

    1. 好本様

      コメントありがとうございます。
      身に余るお言葉、おそれいります。

      お気軽にご参加ください。
      おっしゃるように、気楽に情報交換する場です。

      どこまでご期待にそえるか心許ないですが、
      私が今、つかんでいることをお話ししたいと思います。

      西塚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です