PCの調子がよくなく、作業が妙に遅い。
ムービーメーカーも最近おかしく、収録した映像を編集しようとしても分割ができなかったりする。

しょうがないから、分割ができなくなった箇所から後ろの映像をカットし、再度映像を取り込んで結合させてやり直したりする。

効率がよくない。

取材した録音の原稿も、清水の舞台から飛び降りたつもりでテープ起こしのソフトを購入し、これで楽に作業ができるといい気になっていたら、まるで精神病患者のようなテキストがあがってくる。

何の脈絡もない文章が延々と自動書記のように書きつけられていくのをボーゼンと見ているしかなく、これは何かのお筆先なのかしらと思ったくらいだ。

一応、説明書通りに準備したのだが、機械オンチの私のことだから何かが間違っているのかもしれない。これなら時間がかかっても自分でテープ起こししたほうがいいわな。

『盤』の第 4 回を告知した。

基本的に前の回が終わるとすぐに次の回の会場の予約を入れるから、会場の確保はできているのだが、問題はテーマだ。

これまでもそうだが、前の回の続きということで企画すればいいようなものだが、どうしても 10 日前くらいにならないとテーマが出てこない。あえて言えば、降りてこない。

いや、レポートのようなものなら前もってテーマを決めて書くこともできるが、『盤』のようなライブというか、参加者も目の前にいるような「場」で話すとなるとレポートのようなわけにはいかず、その「場」で話すべきことを話すということになる。

あらかじめ決められないのだ。

今回は 1 週間を切ってしまった。

『盤』の活動と関係しているのかどうかまだわからないが、先日、大阪で取材してきたことも合わせて、参加者のみなさんと話し合ってみようと思う。

毎回言ってるが、参加者はひとりでも行なう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です