2019 年、最初の『宗任問答』になる。

今回、2 回ぶんを連続でアップしたが、前回の収録が昨年の 11 月だったことを思うと、時の移りの速さに今さらながらおののくし、『おやすぴ』もそうだが、PC その他の不具合に影響されたこともあるとはいえ、ちょっと間が空きすぎた。

現在もいまだもろもろ克服の最中だが、事情はともあれ、基本的にはすべておのれの気概をもって対処すべきことであることは間違いない。

記事では私は触れてこなかったが、知っている人は知っている関西方面の “ リアル神様 ” よろしく、自分の「思い」がそのまま現実化する「形」を日々、目にしてしている人も今、大勢いると思う。ここでいう「思い」とは、思考・感情・意図がひとつになったものくらいの意味だ。

このことは、これまでさんざん記事でも触れてきたヴァジム・ゼランドやビリー・マイヤーなどのコンタクティーの話と関連するどころか、ここにきてそれこそ “ 神 ” をも含めて、私たちは今までの景色を一新せざるをえなくなる領域へと入っていくようである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です