先日、ちらっと触れた『盤』(VAN)の第 2 シーズンの開催を告知する。

一週間後のことであり、しかもコロナの中、どこまで参加者があるかわからないけれども、ひとりでも参加者があれば行なう。

以下、概要。

 

『盤』( VAN )は 2018 年 3 月にスタートし、基本的に毎月 1 回開催され、これまで 9 回行なわれている。

 

私たちはなぜ、存在しているのか。

世界はどのようにして、在るのか。

 

『盤』では、上記 2 点を探究の大きなテーマとし、以下 3 つの仮説を軸にした。

 

1 どうやら人間には現実を創造する力があらかじめ内在しており、その力は根元的な「創造」に由来し、人間の外部にあるといわれるような、いかなる超越的な存在にも依拠していないのではないか。

2 「地球外知的生命や高次元の存在」と「輪廻転生」は、これを想定せざるを得ないのではないか。

3 現在の武術の中には、1 の力に関連するものがあるのではないか。

 

1、2、3 に関しては、古今東西、有名無名を問わず、さまざまな書籍が出され、また情報が発信されており、毎回、そうした書籍や情報から厳選し、参考資料として取り上げていった。

前シーズンでは、3 についてはほとんど触れる余裕がなく、もっぱら 1 と 2 に関する探究を進め、その結果得られた基本的な結論は、概要として『盤レポート 令和元年 0 号』としてまとめられ、翌 2019 年 7 月 10 日に発行された。ちょうど 1 年前である。

 

そして今シーズンは、前回の『盤レポート 令和元年 0 号』で発表された内容を踏まえ、さらに弊社として新たに得た知見を参加者と共有し、大いに論議していきたいと思っている。

いうまでもないことだが、私はあくまで研究会の主宰者であり、これまでの『盤』の探究結果をレポートして、参加者に意見を求めて論議したいということが目的であって、こちらからの一方的な教示に終始するということはない。

参加者には、論文でいえば査読者の役割を担っていただき、忌憚なき意見・批判が飛び交うことを期待している。また、そういうことなしには、まっとうな探究はできないと思っている。

初めての参加者には、『盤レポート 令和元年 0 号』(PDF)をあらかじめメールで送るので、可能な範囲で目を通していただけるといいかもしれない。

 

第 2 シーズン 『盤』( VAN ) 第 1 回

 

■テーマ

前半:『盤レポート 令和元年 0 号』のポイントと補足

後半:「 2041 年」に向けて、私たちの人生を考える

・古代より人間に伝達されている「情報」の共通性とその意味
・スピ系情報伝達者がどうしても陥る「霊的傲慢」の考察
・個人から一なるもの(ワンネス)へ、そして個へ

ほか

 

日 時 : 2020 年 7 月 12 日(日曜日)※終了しました。

時 間 : 13 時~ 17 時

参加費 : 3,000 円(当日会場でお支払いください)

場 所 : 中央線吉祥寺駅下車(詳細は参加者にメールでご案内します)

参加人数: 少人数(お申し込み順で受け付けます。参加者がおひとりでも行ないます)
※会場はマンションの一室です。あらかじめご了承ください。

番外編 : 希望者のみ。吉祥寺か西荻窪の居酒屋にて割り勘で

 

参加希望者は、1 お名前2 メールアドレス(他のメールを指定する場合)、3 番外編への出欠を書いて、下記のアドレスまでメールでお申し込みください(うまくリンクしてない場合は、下記アドレスを宛先に打ち込んでください)。いただいたメールに返信する形で詳細をお知らせします。

info@gomokusha.co.jp

 

※個人情報は当企画以外には使用しません。
※参加された方には、当社の情報メールが届く場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※有料の会になりますが、参加費は『盤』の運営費、書籍等の媒体制作資金とさせていただきます。
※『盤』は、非宗教的、非政治的、非セクト的であることを原則とし、あらゆる意味において中立です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です